書評

限りある時間の使い方 書評・感想

読んだほうが良い人
  • 生産性に興味があり、あまり本を読んだことがない。
  • 時間の使い方変えたいなと思っている

時間は有限であり時間を有効に使わなければいけないという話はビジネス書ではたくさん出ています。

最近企業でも生産性向上という目標もあると思うし、日本全体が生産性向上といっているのをよく耳にします。

じゃあ、生産性上げるって具体的にどういうことなの?って疑問は多くの人が持ち具体的にどうするか不明です。

今回限りある時間の使い方という書籍の紹介になります。

正直いって、この本面白くなかったですが、面白くないからこそ、何が面白くないのか書評して残したいと思い記事にしました。

一人でも多くの人が面白くない本と出合わないといいなと思っています。

 

 

限りある時間の使い方概要

概要
  • 本書の目的
  • オリバー・バークマンの紹介

本書の目的

本書で一番重要なことは、文明が進化しているのに、私たちはなぜずっと時間がないと言い続けているのだろうということです。

電子レンジを使うことで、10分でごはんが食べれる。

スマートフォンを使うことで、その場で情報がとれる

世の中はどんどん便利になっていくのに、私たちの時間は多くなっただろうか?

やりたいことはできているだろうか?

そんな問題に対して、解答を示してくれる書籍である。

オリバー・バークマンの紹介

オリバー・バークマン(Oliver Burkeman)
イギリスの全国紙ガーディアンの記者として、外国人記者クラブ(FPA)の若手ジャーナリスト賞な

 

今いる場所で突き抜けろの要点

要点
  • 人生は4000週しかない。時間は限られていること
  • 生産性向上などをしても無駄。やることはあふれかえっていること
  • 自分の時間をうまく使い自己満足することが大事

今回の要点は3つである。

  • 人生は4000週しかない。時間は限られていること
  • 生産性向上などをしても無駄。やることはあふれかえっていること
  • 自分の時間をうまく使い自己満足することが大事

ということである。

この本の言っていることは、ビジネス書系のまとめに近い。いろんな前提が混ざっているため、すんなりと理解できない。

そんなところが私は読みにくくて嫌いである。

本書の言いたいことをもっとまとめると

  • 自由な時間はない。やることも溢れている。その中で自分が決めた道に従い信じて進め。

ということである。先日紹介した今いる場所で突き抜けろという情報があってこそわかる話である。

今いる場所で突き抜けろ 書評・感想

否定ばかりしているが、良い点がある。それは休暇の使い方である。

休暇とは何をすべきか、どうあるべきかを触れている。結論しては、趣味を作り、ゴールもなく無駄に時間を使い

リフレッシュするのはどうか?という話が一番腹に落ちた。

休暇すらゴールを決めて、計画を立てて、プロジェクトのように必ず成し遂げるように生きていないだろうか?

そんなことを考えている私には一番刺さった内容である。

書籍の中で一番おすすめなところは付録である。付録にある10のルールが一番良かった。

  • 開放と固定リストを作る
  • 先延ばし状態に耐えること
  • 失敗すべきことを決める
  • できなかったことではなく、できたことに意識する
  • 配慮の対象を絞り込む
  • 退屈で機能の少ないデバイスを使う
  • ありふれたものに新しさを見出す
  • 人間関係に好奇心を取り入れる
  • 新設の反射神経を身に着ける
  • 何もしない練習をする

である。

以下でも紹介されたが、幸福を感じるために、できたことを意識するのはとてもよい。

幸福優位7つの法則 書評・感想

 

まとめ
  • 限りある時間の使い方の概要
  • 限りある時間の使い方の要点
  • 限りある時間の使い方を読んで変化したこと

今回限りある時間の使い方に関して紹介しました。

変化したことはないですし、不満ばかりたまりました。

限りある時間の使い方に関しては、ベストセラーになっており、期待する内容かと思いきや
知っている内容ばかりで何が面白いのかさっぱりわからない書籍と言わざるおえないものでした。

そんな中でよい点があるとすれば、生産性に毒されていない人が初めて読む本としては、良いのかもしれません。

いろんなビジネス書を読んでいる私の中であるあるのネタしか紹介されておらず何がいいのかさっぱりわからなかったのがこの本の不満です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ken

ブロガー【経歴】 1部上場企業で働くサラリーマン 朝活継続4年で成し遂げたこと  ・TOEIC 400点アップ  ・リングフィットアドベンチャー:継続3か月  ・FITBOXING継続4か月  ・プログラミング 素人→Paiza ランクBクリア  ・読書数百冊 など。朝活で挫折することを成し遂げてきました。 ▶︎ ken Blog ▶︎子供3人育児、仕事をこなしつつ、成長してきた  秘訣を紹介していきます ● 英語学習、ビジネス、ダイエットが好きです ● 大分県出身の30代

-書評

© 2022 kenblog Powered by AFFINGER5